*

高卒の就職・転職希望者はお礼状を書こう!

公開日: : 面接

お礼状が大切な理由

 高卒の就職・転職希望者が応募可能な求人には、大卒者や第二新卒、既卒者など、数多くの応募者が殺到する可能性が高いです。書類選考を勝ち抜いて、せっかく面接まで進めたのですから、そこで内定を得られるように、面接後の好感度アップを狙うのも、戦術の一つです。

 それが、面接後にお礼状を送ることなのです。面接後のお礼状とは、自分を面接するために時間を割いてくれたことに対する、お礼の気持ちを伝えるもので、面接直後に書いて出すのが基本です。

 メールでも構いませんが、パソコン作成して郵送することで、ひと手間かけたという気持ちが伝わるというメリットもあります。自分が出しやすい方法で、面接当日にお礼状を送るようにしましょう。

お礼状の書き方の基本

 お礼状の書き方は、ビジネス文書と同じです。インターネットで検索すると、社外向けのお礼状のテンプレートが見つかるはずです。日付やタイトル、社名、自分の名前の入れ方などは、定型にそって記載するのが基本ですので、必ず書式の確認をしたうえで、書き始めましょう。

 書く内容は、前章で説明したことのほか、実際に企業を訪れ、質疑応答で話した際に得られた、業界や企業の実情、応募職種の内容について、どんな興味・関心を持ったのか、企業が中地採用者に求めるニーズに、いかに自分がマッチしているかのアピール、入社の意欲の表明などです。

 長文で長々書くと、逆にプレゼンテーションスキルが低いと思われるので、必要な情報を、頭語や結語も含めて1枚でまとめられるように、内容を精査しましょう。まずはテンプレートにそって記載し、その後、自分なりの言葉で書きなおすと、それほど時間がかからずに作成できるはずです。

【関連記事】
面接のマナーについて理解しておく
就職と転職での面接で聞かれることは
高卒で面接対策

PAGE TOP ↑