*

高卒での企業分析

公開日: : 就職・転職の準備

企業の理解力を深める

 就職でも転職でも企業の情報を集めていくのであれば、世の中にどんな企業があるのかも含めて企業の情報を調べていきましょう。就職の場合には多数の企業を見ることで視野が広がり自分のやりたいことが見つかる可能性が高くなり、転職の場合は改めて他の企業を見ていくことで自分の企業の再発見や新しくやりたいことが見つけることができます。実際に世の中には様々な企業が存在するため、調べて理解力を深めるのは損はないはずです。

 流石に時間は無限ではないため調べる時間も限られています。どちらの場合でも自分なりに範囲と時間を決めて調べていくといいでしょう。

長続きするために

 転職先の企業へ勤めることを考えるのであれば、企業が長続きするかどうかを判断しましょう。折角就職しても企業が倒産等してなくなってしまえば転職活動をしなければならなくなり、転職の場合には再び転職活動をしなくてはならなくなるからです。そのために企業の情報を集めていく上では収入やら経営方針やらと様々な情報を総合してみて、長続きする可能性がある企業かどうか分析してみましょう。

 最も何かが原因でなくなってしまう危険性というのはどんな企業でも持っています。「安定」はないと思った方がいいでしょう。

【関連記事】
高卒で就職か転職の計画を立てるのであれば
就職と転職、それぞれの自己分析

PAGE TOP ↑