*

U・Iターン転職を希望する20代・30代が増加中

転職情報サービスのDODAが行った、今年の上半期の転職理由調査によれば、U・Iターン転職を希望する20代から30代の若者が増加しているとのことです。実際にU・Iターン支援に力を入れていると言われている長野県・島根県・北海道で担当者に話を聞いてみたところ、いずれも増加していると回答があったそうです。
記事では若者がU・Iターンしたいと考える理由については触れられていませんでしたが、もしかすると転職理由第一位の「ほかにやりたい仕事がある」というのも関係しているのかもしれません。
未経験歓迎の正社員募集サイト比較
http://chuukounentensyoku.net/
高卒者の為の就職支援サイト
実家のある地元に戻って働くというUターンとは異なり、Iターンの場合は「見知らぬ土地への移住」と同様ですから、若い内に様々な経験を積んでおきたいと考えている人も多そうです。実際、U・Iターン登録者のうち20~30代が6割を占めているそうですから、体力と冒険心のある内にチャレンジしようということなのでしょうか。
また、大都市圏では求人数が多いため転職のチャンスも多いと言えますが、その分だけ競争率も高くなるというデメリットを考慮したという人も中にはいるのかもしれませんね。
U・Iターン転職希望者は昨年下半期の調査結果よりも微増しているようです。若い働き手の流出に悩む地方からすれば、期待感が少し高まっているのではないでしょうか。


公開日:
最終更新日:2015/03/10

PAGE TOP ↑